第13回 絵本ギャラリーin奈良

 

 平成24年8月18日(土)19日(日)

  
旅の絵本
 

今年は、「旅」をテーマにした絵本の展示とブックリストの作成・配布を行いました。

また、毎年人気の「工作タイム」では、子どもたちが、好きなパーツを貼り合わせてつくる旅の
思い出絵本の作成を行いました。
 
 
 

 

 

         絵文字:晴れスタッフの感想絵文字:晴れ                                              
絵文字:笑顔 両日とも大盛況で、準備したパーツ(500袋)はすべてなくなりました。みんなオリジナルの「ゆうえんち」
   や「どうぶつえん」そして「すいぞくかん」の絵本づくりを楽しみました。「たびの絵本」の展示コーナーで
  
   は、大人も子どもも熱心に絵本を読んでいる姿が見られました。絵本づくりの楽しさや絵本の魅力をほ
   んの一時でも感じてもらえたかなと思います。
絵文字:笑顔 工作は、一歳半から小学生まで幅広い年齢層が楽しめたようです。
   (一歳半の子どもは、糊で貼る作業を、小学生の子どもたちは、絵を自由に書く作業をしていました。)
絵文字:笑顔 小学生になると自分で工作の作業ができるので、その両親たちは旅の展示絵本を見たり、読んだりされ
   て、楽しまれていました。

絵文字:笑顔   いつでも工作ができるので、他の部屋の催し物の空き時間や雨が降っている時間など、気軽に来て
      参加されていました。

絵文字:笑顔  今年は展示と工作のみで運営しましたが、大変盛況で良かったと思います。

      特にパーツを貼ったあとのお絵かきは、子どもたちの自由な発想が大変ユニークでした。また、高学年
      の子どもたちがとても丁寧に描き込んでいる姿が見られるなど、来室の年齢幅がとても広がったように
      思います。

絵文字:笑顔   思い思いに自分の遊園地・水族館・動物園を一生懸命作っている子どもたちを見ていて、こちらもうれし
       くなりました

絵文字:笑顔   部屋の装飾もいろんな方々にご協力いただき、楽しい雰囲気の中、親子が触れ合う機会を作れたと思
       います。
絵文字:笑顔 このイベントに来られる来場者には、「工作(何か作れる)」ことを楽しみにしている方も多く、特に今年
      は、木工工作や他の部屋での工作物が少なかったこともあり、大盛況でした。今後も、絵本(読書)に
      親しんでほしいという思いと、何かを作りたいという希望をうまく結びつけられるような企画を司書の立
      場から考えていければいいなと感じました。